トップへ » 診療科目 » 口腔外科 » 顎関節症

顎関節症

顎関節症顎関節症の症状としては、顎関節部の痛み、カックンやジャリジャリする顎関節雑音、口が開きにくい、などが挙げられます。原因としては、噛み合わせが悪いこと、くいしばりや歯ぎしりなどがあり、さらには筋肉の緊張が強いこと、ストレスなどが考えられます。

治療としては、鎮痛剤や筋弛緩剤などによる薬物療法、筋肉の緊張を和らげるマイオモニター、マウスピースを口に入れるスプリント療法などがあります。

顎関節症の種類
●顎関節症Ⅰ型 ●顎関節症Ⅱ型 ●顎関節症Ⅲ型
主として筋肉に
異常が生じます。
円板や関節包に
損傷があります。
関節円板の転位を
伴う顎関節内障。
顎関節症 顎関節症 顎関節症



顎関節症を疑うポイント
次のような症状が診られる場合は、症状が悪化する前に専門医を受診してください。

1.開口障害
お口が開けにくくないですか?
2.顎の痛み
顎の関節付近や周辺の筋肉に痛みはありませんか?
3.関節雑音
おくちの開け閉めの時に「カクッ」「コキッ」「ギシギシ」「ジャリジャリ」という音がしませんか?


トップへ » 診療科目 » 口腔外科 » 顎関節症


PAGE TOP