トップへ » 診療科目 » 口腔外科 » 無呼吸症候群

無呼吸症候群

無呼吸症候群気道の狭窄、または閉鎖によっておこる閉塞型睡眠時無呼吸症候群は、最近生活習慣病として注目されています。

睡眠時無呼吸症候群の治療には、減量や薬物療法などの内科的療法、狭窄した気道を手術によって拡げる外科的療法、口腔内装置などがあります。口腔内装置はマウスピースのようなもので、上下の歯の間にはめて下顎が少し前に突き出た位置に固定します。寝る前にはめ、眠っている間だけ使用します。

専門医による診察には、医科保険医療期間からの診療情報提供がなければならないので、まずは医科を受診してください。当院では井上病院の内科部長・吉嶺裕之先生とよく連絡を取っております。吉嶺先生は日本睡眠学会認定でもあります。


トップへ » 診療科目 » 口腔外科 » 無呼吸症候群


PAGE TOP