トップへ » 診療科目 » X線診断(歯科用CT) » デジタルX線

デジタルX線

デジタルパノラマX線デジタルパノラマX線
パノラマ撮影においても、アナログ方式の1/5~1/10の被爆量で、より鮮明な画像が得られます。また、撮影時間も12秒と短くなりました。

デジタルパノラマX線

デジタルデンタルX線デジタルパノラマX線
従来のアナログ方式では、現像するのに約3分ほどかかっていましたが、当院の最新の機器(デンタルX線画像処理システム)では5秒でスキャニングできるようになり、診療をスムーズに行うことができます。また、1mmの間隔に17本の白黒ラインを判別できるほどのハイクオリティな画像を得ることができます。

デジタルパノラマX線


トップへ » 診療科目 » X線診断(歯科用CT) » デジタルX線


PAGE TOP