トップへ » 当院のご紹介 » 院長ごあいさつ » 山辺歯科の成り立ち

山辺歯科の成り立ち

院長あいさつ私と副院長である妻は、長崎大学歯学部の同級生です。妻が先に石野歯科を開業し、その後、結婚。その当時、私は長崎大学歯学部第一口腔外科に所属していました。

そこで、開業のための安易さ(新規開業より、移転・名義変更が簡単)、銀行からの名義変更の困難さ、などの理由により、現在も妻である山辺優美子が開設者(経営者)で歯科医師会の正会員なのです。

歯科医師会については私自身、最初は非会員であり、途中から準会員になりました。開設者が院長であることが多く、誤解を生じやすいのですが、当院内では私が院長と呼ばれています。


トップへ » 当院のご紹介 » 院長ごあいさつ » 山辺歯科の成り立ち


PAGE TOP