トップへ » 当院のご紹介 » 院長ごあいさつ » これからも、存在感のある歯科医師として

これからも、存在感のある歯科医師として

院長あいさつ常々私は、存在感のある歯医者になりたいと思ってきました。それは、長崎市において、当院にしかできない治療を提供すること、口腔癌の早期発見などにより、多くの方の生命を救うことで少しは実現できたと思います。

大学病院よりも敷居が低い歯科医院であることで、難症例の方がわざわざ大学病院にいかずに正しい診断が受けられる。それもまた、歯科医師として存在感ある、意義あることだと感じています。事実、一年に一人ぐらいの割合で、口の癌の患者さまを救っているのです。

また、医師、看護師、医学部学生、歯学部学生、看護学校生徒、歯科衛生士学校生徒などが多いのも当院の特徴です。医療従事者、それを志す方々が通うということは、それだけで歯科医院としての信頼の証ではないでしょうか。

これからも口腔外科専門医として、お口の中をくまなく診療し、患者さまの将来にわたるリスクを考えた治療を行います。歯にトラブルを感じたときは、ぜひお気軽にお越しください。


トップへ » 当院のご紹介 » 院長ごあいさつ » これからも、存在感のある歯科医師として


PAGE TOP