トップへ » 診療科目 » レーザー治療 » 「オサダライトサージ3000」と院長との関係

「オサダライトサージ3000」と院長との関係

オサダライトサージ3000日本で唯一の半導体レーザーである「オサダライトサージ3000」は、神奈川県小田原市で開業されている西山俊夫先生がおひとりで研究開発し、作られたものです。

日本歯科評論で、半導体レーザーの特集が組まれる計画があった際、西山先生がご病気で倒れられました。その時、以前、症例報告の経験があった当院の院長にお話が来て、総説を書かせてもらう機会を得ました。

それ以来、西山先生とも親しくなり、機器的な問題や臨床上の使い勝手などさまざまな協議をさせていただきました。オサダ電気工業に出向き、工場長や営業部長とも製品改良の意見を述べさせていただいています。

オサダライトサージ3000
オサダライトサージ3000は、日本で初めての高出力歯科用半導体レーザーとして、1996年から発売され、12年経過します。私もこれの2号機を所有しております。

照射法
半導体レーザーは、接触照射(ハードレーザー用)、非接触照射(ソフトレーザー用)の2通りの使用ができます。その特徴を活かして、ほかのレーザー機器より広い範囲の症例に使用することができます。

オサダライトサージ3000オサダライトサージ3000

組織に対する透過性
波長0.8㎛の半導体レーザーは、皮膚組織において皮下組織にまで透過する量は17%とされ、エナメル質、象牙質(厚さ1mm)に対し、それぞれ、30%、25%が透過するとされます。この組織透過性を利用し、象牙質知覚過敏症や感染根管処置に有効に作用します。

オサダライトサージ3000
一からわかるレーザー歯科治療,医歯薬出版,2003.より

歯周病(歯周ポケット掻爬術)
レーザー治療は歯周病にも有効で、歯周組織のダメージを最小限に抑え、歯周ポケット内の殺菌効果、清掃効果および掻爬が可能となります。その結果、歯周ポケットの深さの減少と炎症の消退が望めます。患者さまにとっては痛みも少なく、早くきれいに治ると好評です。

オサダライトサージ3000 オサダライトサージ3000

根尖性歯周炎(歯内療法)
歯内療法において、半導体レーザーは弾性のあるファイバーで導光できるので他種レーザーより有利です。根管内にレーザーを照射することにより、根管内細菌の減少、排膿・出血の消失、打診などの症状の軽減なども期待できます。

また、組織透過型の半導体レーザーは、根管および歯周組織を通過したレーザー光が根尖部歯周組織に到達することにより、口内炎に対する照射と同様、組織の治癒促進効果も期待できます。

オサダライトサージ3000

窩洞形成時露髄(直接覆髄)
虫歯が深く、通常であれば神経を取ってしまわないといけない例においても、レーザーを使用することにより、歯髄(神経)を保存することを可能にします。

オサダライトサージ3000
上顎前歯部においての模式図

象牙質知覚過敏(象牙質知覚過敏処置)
半導体レーザーが、組織を透過することにより、知覚過敏症にも効果的です。

オサダライトサージ3000
非接触型加工


トップへ » 診療科目 » レーザー治療 » 「オサダライトサージ3000」と院長との関係


PAGE TOP