トップへ » 診療科目 » 親知らず(智歯)の抜歯 » 親知らずを抜歯したほうが良い理由

親知らずを抜歯したほうが良い理由

親知らず1.他の歯に比べて、周囲組織が炎症を起こしやすい位置関係にある
2.いったん、炎症を起こすと、大きな病気となりやすい
3.体の調子が悪いときに、炎症を起こしやすくなる
4.ひとつ前の奥歯が虫歯や歯周病になりやすくなる
5.歯並びを悪くする傾向がある
6.口の中を狭くし、頬、舌、歯肉を噛みやすくなる

親知らずの抜歯は、20歳頃がベストだと思われます。年齢が経つほど骨が硬化し、抜歯が困難になります。また、感染してからでは、抜歯後の症状が強くなります。

特に女性の場合、妊娠中に親知らずに痛みや腫れが出てくることがよくあります。妊娠中には、つわりなどの影響で、歯磨きが十分にできず、口腔内が不潔になりやすく、体調も不良のため、症状悪化することが多いとされています。

また、妊娠中に急性症状を引き起こした場合は、胎児への感染の恐れ、抗生物質・鎮痛剤の副作用も考えねばなりません。是非、女性の方は早めに親知らずを抜歯してください。

親知らず

Grade 手術時間 手術難易度 術後症状(※)
1 5分 簡単 弱い
10 1時間 難しい 強い

※術後症状:出血・痛み・腫れ・発熱・内出血など

また、下顎管に近い親知らずの場合、術後に下唇の麻痺が起きることがあります。その辺は十分気をつけて手術を行いますが、約10%の確率でどうしても起こりうることです。

上記表のように、親知らずの抜歯の難易度は10段階に分けることができます。Grade 5~10の比較的難易度が高い抜歯の場合、術後2~3時間後痛みがピークになります。痛みが発生する前にお休みされることをお勧めします。次の日は、自発痛はほとんどなくなります。頬の腫れは術後1~2日がピークになり、徐々に小さくなります。その他ご質問があれば何なりとおっしゃってください。

特に、手術に対する不安が強い方は、大学病院での全身麻酔、静脈内鎮静法や入院は有効だと思います。ご希望の方は紹介状をお書きします。

親知らずを抜歯した方が良い理由(PDF)


トップへ » 診療科目 » 親知らず(智歯)の抜歯 » 親知らずを抜歯したほうが良い理由


PAGE TOP