トップへ » 診療科目 » 親知らず(智歯)の抜歯 » 歯科用CTによる精密な検査

歯科用CTによる精密な検査

親知らずCTを使用すると、コンピューター上で骨を再現することができるので、レントゲンではわからなかった骨の奥行きや幅などの三次元的解析が可能となります。以下は、CTの主な有効性です。

・今まで、術者の勘により盲目的に切開を行わなければなりませんでしたが、肉眼的に見えない位置がわかり、より安全で侵襲が少ない手術が可能となりました。
・下顎管(下歯槽神経、下歯槽動静脈)への位置が立体的にわかり、患者さまへよりわかりやすく説明することができるようになりました。

当院かかりつけの患者さまは、5,000円でCTを利用できます
CT撮影後に親知らずの抜歯をされた患者さまの中には「CT撮影のおかげで、安心して手術を受けることができました」という方が多く、好評をいただいております。当院では、少しでも多くの方に利用していただけるように5,000円という料金設定をしております。CTだけ希望のときは10,000円の設定です。


トップへ » 診療科目 » 親知らず(智歯)の抜歯 » 歯科用CTによる精密な検査


PAGE TOP