トップへ » 診療科目 » 審美歯科 » オールセラミック治療とは

オールセラミック治療とは

天然歯に近いナチュラルカラーで、自然な美しさが回復します
ここまで自然。こんなにキレイ。

オールセラミック治療とは進行した虫歯や欠けてしまった前歯などが、歯本来の色調や質感をもった自然な感じに回復します。

オールセラミック治療とは光透過性をもった素材だけを用いて製作しますので、隣接する歯の色調を効果的に取り込むことができ、周りの歯と違和感なく馴染みます。

歯の裏側も、天然歯の自然な色調を再現できます
陶材焼付鋳造冠とオールセラミックスではどう違う?

オールセラミック治療とは

歯肉の黒変や、金属の露出も起こりません
オールセラミックス治療なら、長期にわたって、歯肉の変色や金属色が歯頸部に露出することもありません。

オールセラミック治療とは次へオールセラミック治療とは

きめ細やかなカウンセリングを行い、最適な治療スケジュールを作成します
【STEP1】初診(診断)
治療に必要な情報を得るために対話形式で問診を行い、患部を診察いたします。

次へ

【STEP2】治療計画 - 診断用模型作製
患部の状態と患者さまのご都合を勘案して治療目的・治療範囲・治療手順などの計画を立てるとともに、診断用模型の作製にとりかかります。

次へ

【STEP3】支台歯形成 - 印象咬合採得 - 仮歯装着
土台となる支台歯の形態を整えた後、暫定的に仮歯を被せます。

次へ

【STEP4】シェード・テイキング
オールセラミックスで製作した歯が口腔内で違和感なく馴染むように、周囲の歯の色調をチェックし、最もふさわしいカラーを選択します。専門の歯科技工師に来てもらい、微妙な色、形をいっしょにチェックし、患者様が満足できるようにつとめます。いわゆる高級オーダーメイドの作製です。

次へ

【STEP5】試適 - 咬合調整 - 装着
制作したセラミック歯を仮装着して噛み合わせをチェックし、スムーズにフィットするよう調整する。この時も、専門の歯科技工師に来てもらい、非常に細かな微調整を行い、最終的に技工所で行なうレベルの研磨処理を行います。その後、完全に装着、固定します。

次へ

【STEP6】術後管理
術後の経過を見守りつつ、アフターケアを含めた適切な処置を施します。


トップへ » 診療科目 » 審美歯科 » オールセラミック治療とは


PAGE TOP