トップへ » 診療科目 » 一般歯科(無痛治療) » 虫歯の原因について

虫歯の原因について

一般歯科虫歯の原因は歯垢(プラーク)です。食べ物を食べれば、残りかすが歯について残ります。歯垢は、そのかすの中にある糖分を細菌が分解して作りだされるものなのです。その歯垢が、今度は酸を作り出します。この酸が、歯を溶かすことで虫歯ができてしまうのです。

歯垢は、食べ物の残りかすそのものではなく、口の中で増殖した細菌のかたまりです。口の中に住む細菌の種類はとても多く、糊のように歯の表面に付着し、増殖を繰り返す厄介なものです。

また、飲食物を口にすると口の中が酸性になり、そのたびに歯のカルシウム分(Ca)やリン酸(P)が少しずつ抜けています。通常は、唾液の力でこの酸が中和され、抜け出したカルシウムとリン酸が再び歯の中にしみこんで修復されます。これが再石灰化と呼ばれる現象です。

しかし、日に何度も甘いものを食べたり飲んだりしていると、再石灰化のスピードが追いつかず、虫歯へと進行してゆきます。虫歯は怪我や風邪などと違い、自然に治るものではありません。さらに放っておくとどんどん進行して悪化するのです。


トップへ » 診療科目 » 一般歯科(無痛治療) » 虫歯の原因について


PAGE TOP