トップへ » 当院のインプラント治療 » サージカルガイド » PC上のシミュレーションを実際の手術で正確に再現可能

PC上のシミュレーションを実際の手術で正確に再現可能

サージカルガイド 若干右寄りに埋入されているのが分かる。
インプラント治療をする上で、CTの術前検査をどのようにしても、実際の手術では思いどおりにいかないことが多々あります。たとえば、奥歯が1本抜けている部分にインプラントを埋入する場合。シミュレーション上は真ん中に打とうとしていても、骨質の影響や視覚の誤差でどうしても適切な位置にインプラントを埋入できない場合があります。


そうなると、歯の根にあたるインプラントが真ん中にないことから、その上に装着する人工歯も歪んだ形にでき上がってしまうことがあるのです。結果として、清掃性や噛み合わせなどの問題で最終的にインプラントが長持ちしないケースも起こりえます。(もちろん、すべてのケースがそうなるわけではありません。)

SIMPLANT®システムを使ったサージカルガイドは、インプラント埋入時の位置、角度、埋入深度をコントロールするためのアシスト装置であり、これを用いることで、インプラントの事前シミュレーションを正確に再現することができるのです。

サージカルガイド


トップへ » 当院のインプラント治療 » サージカルガイド » PC上のシミュレーションを実際の手術で正確に再現可能


PAGE TOP