トップへ » 当院のインプラント治療 » インプラント » 従来の治療法との違い

従来の治療法との違い

ブリッジ
従来の治療法との違い
従来の治療方法では、失った歯の両隣にある健康な歯をブリッジを支えるために削らなければなりません。

インプラント治療
従来の治療法との違い
インプラントは失った歯があった場所に埋め込まれます。両隣の健康な歯を削る必要はなく、傷つける心配がありません。インプラント治療は、自分の歯を残すための治療方法として注目されています。


●インプラント治療は、自然な歯と同じような印象を与えることができます。
従来の治療法との違い 従来の治療法との違い

インプラントは、失った歯の根の代わりとなり、上にかぶせる人工歯を支える役割があります。ブリッジでの治療とは異なり、両隣の歯を傷つけることなく、健康な状態を維持できます。

●インプラントを土台としてブリッジでの治療を行うことができます。
従来の治療法との違い 従来の治療法との違い

両隣の健康な歯を削らずに治療できます。定期的なメンテナンスをすることで、長期間に わたって機能を維持し、自然な印象を与えることができます。インプラントが歯根の代わりとなり、あごの骨がやせることを防ぐことができます。

●あごに全く歯が無い状態での治療法です。
従来の治療法との違い

数本のインプラントを土台としてブリッジでの治療を行うことができます(図1)。
口腔内の衛生を重視し、インプラントの上に装置を取り付け、総入れ歯の動きを制限する取り外し式の方法もあります(図2,3)。

固定式と取り外し式の両方とも、安定感があります。
従来の総入れ歯より、しっかりと固定されるため、ずれることはありません。
インプラント治療による入れ歯は、自分の歯と同じような自然な印象を与えます。




トップへ » 当院のインプラント治療 » インプラント » 従来の治療法との違い


PAGE TOP